12月練習会:ライブに向けて!

12月練習会:ライブに向けて!

2018年12月17日
/
by Ryo
/ /

皆さんこんにちは。
12月16日(日),今月のあいりっしゅ練習会が終わったので更新です。

まず一つ告知ですが,2019年2月16日(土)に,仙台のブラッサリーロイドというお店でライブをさせていただけることになりました!

詳細につきましては決まり次第追ってお伝えしていきたいと思います。

練習会もライブに向けた練習がメインとなりました。

DSC_1240

【参加者】

Hyokoさん(アイリッシュハープ)
Kanitaさん(アイリッシュフルート・ティンホイッスル)
Mさん(ギター)
Ayanoさん(ローホイッスル)
Sさん(フィドル)

Ryuseiくん(アイリッシュフルート)
Ryo(コンサーティーナ)


【練習した曲】

・Coleraine / Dusty Windowsills (Jig)
・Off to California / Jacky Tar / The Stack of Burley (Hornpipe)
 後半2曲はKanitaさんからご提案の新曲です!渋い系のチューン。

 本日の課題曲でした。頑張って覚えます。

・The Kesh / Morrison’s / Out on the Ocean (Jig)
・Sí Bheag, Sí Mhór (Waltz)

・Down by the Sally Gardens (Air)
・Toss the Fethers / Gravel Walk (Reel)
・Ashplant / Sally Garden / Concertina (Reel)
・Last Chance / Goat’s / John Ryan’s (Polka)

・Maid Behind the Bar / Black Pat’s (Reel)
・O’carolan’s Concert
・O’Carolan’s Draft
・O’Carolan’s Welcome
・Minor Bee (Jig&Reel)
・Banish Misfortune / Blarney Pilgrim (Jig)
・Virginia / Castle Kerry / Siobhan O’Donnell’s
・Earl’s Chair / Frank’s / Road to Errogie / McArthur Road (Reel)

今回はセッション的な感じでだいぶ弾きました。


また,最近記事でまとめていた,モードなどの理論的な話になったりしました。

※以前の記事
あいりっしゅ音楽理論①~教会旋法について
あいりっしゅ音楽理論②~ドリアンスケールの曲

DSC_1241



こちらは,一曲の中で構成音の同じ別のモード(スケール)に移っているケースのお話でした。
(雑ですみません……)

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA